今さらながら『君の名は』とやっぱり『3月のライオン』にハマっております。

流行りにまったく乗れていないアラフィフです。

天気雨だし今日はDVDに取り貯めしてあるものを見てみよう~と今さら『君の名は』と大好きな『3月のライオン』を見てみます。

『君の名は』はすごく流行ってて珍しく次男息子っちから絶対見にいった方がいいと勧められたけどアニメを映画館で見るのはなあ~と変な大人の先入観でグズグズしているうちに公開終了になってしまい見そびれちゃいました。
なぬ地上波で放送と聞いて絶対見逃してはならんとDVD 予約。
案の定見逃してようやくみることに。
あーやっぱり映画館でみるべきだったな。だって彗星落ちるとことかはテレビだと迫力に欠けるし音楽も映画館のがやっぱり映えますよね。
残念⤵やっぱり映画は映画館でみるべしだったわ~。

3月のライオン』はNHK で土曜日に放送されてたのをこれまたすっかり忘れて(お正月は特番多いから勝手に今週は休みと思ってまして)ようやく今日見てみました。
今回のお話は ひなちゃん のいじめのお話の続きです。
漫画本でもアニメの放送でも何回見ても泣けちゃう。

いじめられてても誰も助けてくれない。周りが気付いても助けてくれない。
だって自分がターゲットになったら困るから。

昨日のブログでも書いたんですがボスキャラが黒と言ったら皆が黒。白と言ったら白っていうのは大人の世界でもあります。
人それぞれ好きな人嫌いな人気の合う合わないって絶対あるから全ての人を好きになるのは無理だけど多数の人間で一人の人をターゲットにするのはヤダし違うと思う。

ひなちゃん みたいに勇気ある行動が出来たらスゴいな。
前回のお話で辛い状況の中修学旅行に頑張って行くんだけど辛くて辛くて川の見える場所で泣いていたら主人公の桐山君が心配して探しにきてくれるシーンは号泣ものです。

毎週目が離せません…って言いながら毎週見逃してDVD にとったものを見てますが漫画で読んでて話全部わかってるのに涙涙です。

えらく歳をとったファンです。アラフィフですけど好きなもんは好きなんです。

今さらながら『君の名は』とやっぱり『3月のライオン』にハマっております。