『ひなまつり』といえば 来たかチョーさん待ってたホイ(ドン)なお題

『ひな祭り』なのにワタクシ隔離されております

なぜか隔離されてるかと?

そう、それは昨日の夕方から熱を出したからです。

なんだか風邪っぽいなと2、3日前からのどがイガイカしてるなあ最近ブログが楽しくて夜更かししてたからなあ~今日こそは早く寝るぞと反省した矢先に熱を出してしまいました。

晩御飯は前日のお鍋の残りが『昨日作ったが外で食べて来るヒト発生』だったのでウドンでも入れれば何とかなるでしょ。と早々におふとんへ直行。

息子たちが小さい頃に胃腸風邪にかかった時に比べたらなんて楽になったんでしょう。


deeeyan.hatenablog.com

夕方から寝ていたので、今朝は若干熱もさがっても息子たちから『母は、インフルエンザかもしれない=俺たちスノボに行く予定やら旅行に行く&バイトもある=母は部屋から一歩も出てはならない条例』が発動された訳で完全に隔離されております。

夜バイトから長男が帰って来てコンビニで風邪薬&飲み物やゼリーなど袋いっぱいに買って来てくれたから、大人しく老いては子に従おうって誰が老いてじゃと昨日は言う元気もなくひたすら寝てました。

早くから目が覚めたが、息子たちが出掛ける前に部屋から出てるのが『見っかっちゃった』になるのはマズイので『そうだ💡ブログを更新しちゃおう』となりまして……今日はお布団からの更新で失礼つかまつります。

少々前置きが長くなりましたが、今週のお題『ひなまつりといえば』の『ひなまつり』は、私が密かに師匠とお呼びしている、いつもブログ更新を楽しみにしている🌴(ヤシの木ですが松です。)2🐦(鳥は鳥でもおめでたい時に松と梅と一緒に用いられる鳥)さん、ご本人に許可を取ってないので絵文字トークです。

毎回本当におもしろいブログを書かれていて私がリスペクトしている方です。
その方が数日前に次回のお題は『ひなまつり』と予言されていた時から私はお題を『ひなまつり』と信じてましたよ。

『ひなまつりと言えば』やっぱり『雛人形』です。

今から40年以上前の事じゃった。

でええやん という一人の小学校低学年の少女がおったとさ。
でええやん には3歳違いの姉がおり、そう『ちびまるこ』ちゃんの姉妹を想像していただくとピッタリな ちゃんとしている姉 と まあそうでない妹 という感じです。

そんな姉妹にも『雛人形』があったのですが、どーいういきさつでそうなったかは覚えていないのですが でええやん が低学年だったある年に『雛人形』がランクアップされたのです。

ランクアップ?と思われた方もいる事でしょう。

それは『雛人形』は、はじめ五段飾りだったのに七段飾りになったということなんです。

たぶん当初は、アパート住まいで狭かったので五段飾りで広い家に引っ越し後に七段にしたと思われます。

増えた二段には、お姫様のお嫁入り道具一式が飾られたのです。

もう嬉しくって嬉しくって『雛人形』が飾られた次の日は、学校が終わるやいなやダッシュで家に帰った でええやん なのであった。

いつもならほとんど毎日あそんでいるA子ちゃんの「きょう帰ってから一緒に遊ぼ♥」も「ごめんね」と断り下校途中にいる給食で残したパンを『わら半紙』に包んで持ち帰った時に必ずパンをあげて道草をする『シロ🐶』のところにも立ち寄らず、とにかく でええやん まっしぐら で家路を急ぐのでした。

何故なら でええやん に課せられた?『ひな祭り』のミッションを達成しなくては、いけないからなのです。

『ひな祭りミッション』がピンと来ない方に説明しよう。

低学年の でええやん が下校する時間と高学年の姉が下校する時間は約1時間から2時間ほどちがっている。しかも姉は でええやん のように行きつけの道草エリアの『シロ🐶宅』などに立ち寄ったりするタイプではない。

なので 良い子の姉 が帰る前におやつを速攻に食べて昨日飾り付けしたばかりの『お雛様』の新しく増えた二段に飾られたお嫁入り道具を誰にも見つからないうちに触りまくりたいというミッションなのである。

昨日の段階で母と姉から『壊すから絶対にさわってはならない禁止令』は発動されている。

わかっちゃいるけど『禁断の……』に弱い でええやんです。

お姫様のお嫁入り道具の引き出しに何が入っているか、お茶のお道具の茶筅でグルグルしてみたい等々はたまた、ついでに三人官女様に五人囃子のツツミを持たせてみたりしてみたいという想いは簡単にはあきらめられません。

皆が寝静まった時間に決行するという方法もあるっちゃある。
がしかし、夜に一人で『おひなさま』が飾られている部屋に行くのは怖いのである。

姉が帰ってきたら「おかあさーん でええやんがお雛様をさわってるよ」と言いつけられるのは必至である。制限時間ありの至福の時間を過ごすのは、今しかないのです。

……しかし、あんなに楽しみにしていたのに、でええやん宅 は決して裕福ではなく『お雛様のお嫁入り道具』は、まあまあちゃっちい物だったのです。

引き出しは見事に開かず、茶筅は接着剤で張り付けられてグルグル出来ず(お高いものならできたのでしょうが……)三人官女と五人囃子などは、「アレ?誰がどの道具を持っていたのか忘れてしもうた」が発生。

仕方ない「まっいいか~」とそれらしく各自のお道具と思われる物を持っておいていただきましょう。

すっかり『お雛様ミッション』に飽きた頃 まるちゃんのお姉ちゃん じゃなかった でええやんのお姉ちゃんが帰ってくる時間となります。

そして、それらしく道具を(もはや勘で持たされた)『三人官女』や『五人囃子』たちの様子に一発で『要らんことしーの妹の仕業』は見破られる事になるのです。

かくして「おかあーさん でええやん がお雛様にさわった~」と言いつけられる事になるであった。
めでたし、めでたし。(何がめでたいのかは、謎である)

今週のお題のひなまつりといえば』で思い出すエピソードはこれだと決めていました。
来たかチョーさん待ってたホイ(ドン?)なお題なのである。

『要らんことしー』の でええやん ですが温厚な旦那様に無事嫁ぐ事ができ二人の玉のような息子にも恵まれ、まっ めでたし、めでたし なのである。

なんだか熱下がったみたいです。
ブログはやっぱり元気の源です。